季節と着物

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

着物の素材と仕立て方は、季節で変わります。

着物着方の春

3月

 袷

春は梅に続いて桜が咲き、日毎に暖かさが増してくる季節
桜色の薄いピンクや新緑の若葉の色、春の草花など、
明るい色で

 柄...雛人形、チューリップなど

4月

柄...桜、牡丹など 

5月

五月後半から単衣でも大丈夫 

着物着方の夏

6月

 単衣

六月は寒色系のきものなど
七月,八月は、絽や紗の透けるきものや麻など涼しげな薄物を

単衣に更衣。柄...雨など 

7月

薄物
(絽,紗)

柄...朝顔など 

8月

柄...祭り模様など 

着物着方の秋

9月

 単衣

野山の葉が色ずきはじめ、田畑は実りの時期
温かみのある色や、枯葉色,黄土色などで秋らしい色合いに

袷にするのは十月から 

10月

 

単衣に更衣。 

11月

柄...枯葉散しなど 

着物着方の冬

12月

初詣や新年会などお正月の装いは華やかに
新春の喜びを、明るく澄んだ色やおめでたい柄で

柄...冬景色など 

1月

柄...松竹梅の吉祥文様など 

2月

柄...霞模様、梅など 


紬や木綿など、カジュアルな織りの着物は、単衣に仕立ててスリーシーズン着られます。冬の防寒にはコートをきます。 夏の結婚式などでは、冷房のきいた会場内のみ袷を着ても大丈夫です。

このページの先頭へ

京都きもの工房イメージ画像