きもので演出:お洒落なライフスタイル

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

きものって、「良いとはおもうんだけど・・・」「着てみたいとおもうけど・・・」。 下手に手を出すとすごくお金がかかりそうだし、不自由そう。きものを着ていく場所も限られて、お手入れも大変。 きものの選び方や着付けの方法だって分からない。きものには憧れるけど、気軽に着られるものじゃなくって。。。

そうなのです。 昔どおりのやり方をしていたら、きものを着ることなんて、なかなかできません。 でも、"きものを着てみたい"と心の中で考えるのは何故でしょう? きものを実際に着てみたら、それがわかるかもしれません。そして、きものを着てみるために、ちょっと工夫してみましょう。 自分のライフスタイルに合わせて合理的にきものを着ることは悪いことではありません。 実際にきものを着こなしている人ほど、自分のリズムできものを着ています。

ちょっとしたパーティやお食事、ショッピングなどの街着として、きものはあなたの個性をグッとひきだしてくれます。 きものといえば一般的に絹ですが、昔は絹のきものといえば、お金持ちのごく一部の人達しか着ることの出来なかったもの。 今ではそんな贅沢を、お洒落に楽しむことだってできます。

日本の民族衣装として、ふだんに着ていたきもの。それがいまではフォーマルな衣装と窮屈な決まり事だけが先に立って、 とっても付き合いにくそうなイメージ。でも本当は、洒落もわかるし遊びもこなす、けっこう気さくでいいやつなんです。 あなたのお洒落なライフスタイルに、きものと親しく身近に付き合って見ませんか?

きもののフォーマルとカジュアル?

きものには、フォーマルとカジュアルの区別があります。 自分のスタイルできものを楽しむためにも、最低限の知識は身につけておきましょう。 個性的だからといって、結婚式に遊び着をきるのはマナー違反。逆に、式服をちょっとした集まりに着てしまうと 大げさになってしまいます。きものは、目的ごとに着る種類が異なります。 きものの種類とTPOを学びましょう。難しいことではありません。マナーとは、「他人に不愉快な思いを与えない」 という心遣いです。お会いする方や場にふさわしいものを選ぶところから、きものお洒落の始まりです。

これから紹介することは、あくまでも基本としてのきもの知識です。(着付けなどは、本職ではありませんので、ご了承ください)。 相手に失礼を与えなければ、決まり事を外してしまっても大丈夫だと思います。基本を学んだ後は、 自分らしく楽しんできものを着こなしましょう!

きものの染めと織り

きものには、染めと織りの二種類があります。 染めは、白生地から染めるものです。白生地に友禅染めなどによって染色するもので、後染めともいいます。 織りは、糸から染めるものです。糸の状態で先に染めたのちに、織り上げておくので、先染めと呼ばれます。

染めのきもの

染めには、留袖,振袖,訪問着,付け下げ,色無地,小紋などのきものがあります。 一般的に、染めのきものは華やなものが多く、晴れ着と呼ばれます。 きものの「格」が高いとか低いという基準は、染めの技法にあります。格の高い手描き友禅の代表は、 京友禅,加賀友禅,東京友禅です。

織りのきもの

織りには、大島や結城といった日本各地の紬や、木綿,麻などのきものがあります。 織りのきものは、普段着として着られてきたものですが、バラエティに富んだ個性あふれる織物は、 趣味の着物として装われています。 織りの素材は、真綿から紡いで作る紬,綿花の綿を紡いで作る木綿,繭から引いた糸を強く撚って織る御召, 麻や植物繊維で織った織物の四種類に大きく分けられ、織りの着物の産地は全国各地に広がっています。

きものの帯にも、染と織りがあります

昔から「染めのきものには織りの帯」や「織りのきものには染めの帯」といわれます。 織りの帯は金糸銀糸を使って格調高い文様を織り出したものが多く、一方、染めの帯は生地に自由な絵を書いた お洒落なきものが多いことによるものですが、染めの帯と織りの帯のそれぞれにフォーマルとカジュアルがあります。

このページの先頭へ

京都きもの工房イメージ画像