訪問着

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

訪問着は、未婚・既婚の区別無く着られる準礼装のきものです。色留袖や振袖の次にフォーマルで、お洒落の要素もあわせもっており、結婚式,表彰式,パーティ,茶会など幅広く利用できます。紋を付けると格が上がりますが、一般的には一つ紋です。
肩と裾に模様があり、広げると一枚の絵になる絵羽模様の華やかなきものです。
帯は、袋帯や織りの名古屋帯,綴れなど。半衿には白,色衿,刺繍衿など自由ですが、改まった場所では白衿で。長襦袢は訪問着に合わせますが、きものよりも薄い色を選びます。帯揚げには絞り,ぼかし,箔置などを、帯締めは帯に合わせて白や金,銀,ぼかしなどの平打ちや丸組を用います。
バッグは布製のほか洋装用の小型のものもお洒落です。草履は布製やエナメルでかかとの高いものを選びます。

訪問着の絞り染め着物職人

このページの先頭へ

京都きもの工房イメージ画像