色無地・江戸小紋

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

色無地は、一色で染められた無地のきものです。江戸小紋は、小紋の中でも格式が高く、極小柄のものは色無地と同格です。色無地や江戸小紋は、紋の数や色,柄の大きさ,帯や小物の組み合わせで格が決まる利用範囲の広いきものです。五つ紋付き黒無地は喪の第一礼装ですが、その他の色無地は紋を付けて略式礼装になります。家紋ではなく刺繍を入れて、お洒落に着こなすこともできます。 袋帯や名古屋帯、帯揚げは帯の格に合わせて絞りや無地など、コーディネート次第で変化する格や印象を楽しむことができます。長襦袢と半衿は付け下げと同様で正装には白を。バッグや草履などの小物は、着ていく場所に合わせます。

色無地・江戸小紋の絞り染め着物職人

このページの先頭へ

京都きもの工房イメージ画像