黒留袖

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

黒留袖は、既婚女性の第一礼装。結婚式に新郎新婦の母親や仲人夫人,親族の既婚女性が着るきものです。 両胸と背,両外裾の五か所に家紋をいれ、裾だけに模様のある着物で、正式には「五つ紋付き黒地裾模様の留袖」です。 裾模様には、松竹梅,鶴,亀,鳳凰,宝尽くしなど、おめでたい吉祥文様が選ばれます。 帯は、金銀を使った錦織りの袋帯。黒骨・金銀面の扇子を持ちます。 帯揚げや帯締め,半衿,長襦袢など第一礼装の小物は、白色のものを。豪華さを添えるため、白地に金銀をあしらうこともあります。 バッグは小型で錦やビーズのもの、草履は錦製や金銀使いのものを合わせます。

黒留袖の絞り染め着物職人

このページの先頭へ

京都きもの工房イメージ画像