付け下げ

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

付け下げは、訪問着を簡略化した染めのきものです。着ていける場所は、訪問着と少しも変わらず、結婚式からお茶席,パーティなどです。訪問着に比べて模様が少ないので華やかさに欠け少々地味ですが、その反面、落ち着いた雰囲気をかもしだします。 帯は、付け下げの格によって袋帯や名古屋帯を合わせます。半衿はちりめんの白など。長襦袢はきものに合わせて薄色や多色使いの絞り染めで個性を出すことも。帯揚げは絞りやぼかし,無地のもので、帯締めは平打ちや冠組などを。 改まった席では訪問着に準した小物が無難ですが、気軽な社交着としてなら中型のバックや,少し低めのかかとの草履を合わせられます。

付け下げの絞り染め着物職人

このページの先頭へ

京都きもの工房イメージ画像