肌襦袢

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

長襦袢を着る前につける肌襦袢は、直接肌にふれるので、吸湿,通気性のよい素材を用います。例えば、晒木綿やガーゼ,絹,麻縮,キュプラ,デシンなどがあります。夏は麻などの涼しげなものを、冬はウールや二重になったもので温かくします。
肌襦袢のデザインもさまざまです。

このページの先頭へ

京都きもの工房イメージ画像