名古屋帯

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

名古屋帯には織りのものと染めのものがあり、幅広い装いに利用できます。 織りの名古屋帯は、格調高い文様でも一重太鼓なので、締めやすいのが魅力です。染めの名古屋帯は、季節感や遊び心のある模様が描いてあり、紬のきものなどに締めてカジュアル感覚で楽しめます。 幅は九寸,長さは一丈二尺二寸以上。仕立て上がりのお太鼓の幅が八寸になる、名古屋仕立てと呼ばれる仕立て方は、大正時代に名古屋の裁縫学校の先生が考え出したものです。他には、額縁仕立てや松葉仕立てなどがあります。

このページの先頭へ

京都きもの工房イメージ画像