訪問着

訪問着は、既婚女性、未婚女性の区別なく着用でき、色留袖や振袖に次ぐ正装の着物です。年齢に関係なく結婚式やパーティ、お見合いなど、幅広く着用できる便利な着物と言えます。
また、絵羽(えば)という、縫い目で模様が切れず、柄が着物全体に絵画的に展開された工夫が施されていることから、お店では反物のような巻物の状態でなく、着物の形になっている仮絵羽(かりえば)の状態で並んでいます。

また、訪問着は準礼装として、紋を1つ、または3つ入れることになっていますが、着用の範囲が広がるといったことから、最近では1つ紋を入れることが多いようです。

そして、訪問着を略式化した付下げ(つけさげ)訪問着という着物もあります。仮絵羽(かりえば)で並べられている訪問着と違い、付下げ(つけさげ)訪問着は反物の状態でお店に並んでいます。

訪問着は、仮絵羽(かりえば)の状態で絵柄を描いていくために、その工程の分値段も高価になりますが、付下げ(つけさげ)訪問着は、反物の状態で柄付けするため、その分安価で仕上げることができる着物です。また、仕立て技術の向上で、訪問着と区別できないものもあるため、訪問着を手軽に着てみたいという場合に、ふさわしい着物と言えるでしょう。

訪問着は、他の着物に比べ、着る場面や機会も多いため、様々な楽しみ方ができる着物です。そのため、合わせる小物も和装用だけでなく、洋装用のバッグにしたり、草履も布製でなく、エナメルなどの材質やかかとの高いものなどを合わせるなど、独自のおしゃれを楽しむのもよいのではないでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kimono.j-dress.com/mtos5/mt-tb.cgi/5

コメントする




« 着物 | ホーム | 振袖 »

このページの先頭へ

京都きもの工房イメージ画像