湯のし

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

湯のしは、絞った着物生地に金・彩色などの加工を入れる前と、出来上がった着物を仕立てるときに(仕立てのし)します。

湯のしの道具

昔ながらの湯のし釜。

絞り染の湯のし

湯のしの準備

これから湯のしをするのは、幅の広い部分なので、枠をはめます。湯気も出てきて、そろそろ準備OK!

絞り染の湯のしの技術

湯のしの作業

寸法を考慮にいれて、手作業で伸ばして行きます。

絞り染の湯のしの風景

湯のしの技

均等に伸ばす技術は職人の技。

絞り染の湯のしの仕事

湯のしの風景

全体の風景はこんな感じです。 我が家の着物は、こんなふうに湯のしがされています。

絞り染の湯のしの全体

湯のしの職人

天皇陛下のお墨付き!京鹿の子絞り・伝統工芸士の品川さんでした。どうもありがとうございました。

絞り染の湯のし写真

このページの先頭へ

京都きもの工房イメージ画像